【諦めないプログラムを自分へインストール】

想い描く未来を掴むために重要なことは、

自分の心をコントロールすることです。

 

 

よく自己啓発の分野や、スポーツ選手にも言われることですが

「感情のコントロール」に近いことです。

 

目標に向かっているときには、

拒絶感、挫折感を感じるような

場面がある事を想定して

事前にその対策を行っておくことが

目標達成に向けて確立をグンと上げることになります。

——————————————–
——————————————–
社長ブログランキング参加しております。
クリックをしていただければ、
モチベーションアップにつながり嬉しいです!(^^)!

ありがとうございます!
⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓
http://bit.ly/2lCw6Ay
——————————————–
——————————————–

一般の方なら、断られたら、落ち込んだりすることが普通です。

 

スポーツに例えると、

野球のバッターなら10打席中のうち、

3回ヒットを打てたら、3割バッターという事で

優秀なバッターと言われます。

 

逆に言えば、10回の内7回は失敗しているという事なのに?

 

圧倒的にうまくいっていないことの方が多いのに、

野球と言うフレーム(枠組み)の考え方では

評価が高いということです。

 

フレームによって、まわりの感じ方が違う良いメタファーです。

 

これが、ビジネスに例えると

交渉だと仮定して

100人の方達と交渉して、99人に断られたとしたら・・

ほぼ、全敗ですね!

そういった状況であれば、落ち込むイメージがあります。

「わたしは駄目な人間だ」

「自分なんかじゃ駄目だ」とか

 

 

しかし、NLPのニューロ・ロジカル・レベルで考えると

商談が断られるのは「環境」「行動」「能力」が原因であることが

ほとんどです。

多くの拒絶によって自分のセルフイメージングが低くなり

「わたしは駄目な人間だ」と思い

挫折して、成功をあきらめることも納得できます。

 

極端な例ですが、最後の1回の商談が締結して

1千万もうかる案件だったらどうでしょうか?

 

条件、フレームが変わると、

同じ99回の拒絶の事実の印象が変わってきませんか?

 

99人に断られ人も、最後のひとりとの商談が上手くいけばいいわけです。

 

また、最後のひとりが1億の商談だったりしたら?

まったくフレームが変わってきませんか?

 

【100人と商談して、ひとりとの交渉が上手くいくことが億万長者になること】

同じことですが、こうも言えます。

【100人と商談して、99人に断られることが、億万長者になること】

 

言っていることは、同じことです。

同じ事実でも、考え方、とらえ方が変われば自分の中での感情が変わり

自分のステート(状態)も違ってきます。

もしかしたら、

【100人と商談して、99人に断られること】が

【快】の感情に結びつくことがあるかもしれませんね!

 

まわりの人からして見れば明らかに、「ドM」に見えると思いますが(笑)

 

例をだしてお話しした様に、

ある一つの事実からの考え方も、

NLPの考え方で変えてしまう事が出来ますね!

アンカリング、サブモダリティなどの

イメージを使った方法でも変えることは可能です。

 

 

自分が想い描く未来を掴むために、その過程で

【断られる】ことに対して

ステート・マネジメント(自分の状態を、管理すること)したり

反応や反射的な行動の感情の紐つけを変えたりすることに役に立ちます。

リフレーミング、メタファーでも、言葉のチカラを使って変えるのも手ですね!

 

「断られても、あきらめるな!」

「断られてからが、本番だ!」

「断られたってことは、考えてくれたって事だから、スタート地点に立てた」

って自分にチカラを与える言葉を口ぐせにしておきましょう!

 

ここで、ひとつ注意点があります。

ニュースなどで、取り上げられるストーカー行為は駄目ですよ(笑)

あくまで、相手の気持ちを尊重しなかればいけませんからね(´-`).。oO

 

ビジネスをされている方は、わかると思いますが

「断られてからがスタート」

「断られることが、名刺代わり」

ってことが実際に多いですよね?

 

今は、あまり飛び込み営業などの新規顧客開拓自体が

実際に行われなくなってきましたが、

メールや、ウェブ広告での勧誘が多いと思いませんか?

 

それらは、すべて飛び込み営業だと思います(´-`).。oO

 

そこで、その商品に興味のある方のリストを集め

個別にメールなどで営業をかけていくのでご理解いただけると思います。

それでも、断られることが必ず発生します。

 

しかし、そこで結果が 断られても、断られなくとも

自分が思い描く結果を手にするストーリ―を持っていることは

ある意味、最強だと思いませんか?

そして、そんな人なら絶対に成功すると思いませんか?

 

想い描く未来への過程で、いくつかの分岐点があっても

その分岐点の数だけ「思い描く未来」を

つかむイメージを持っておくことも出来ます。

 

モチロンその分岐点に行かずに、その分岐点は選択しないという方法で

残った選択肢だけで「思い描く未来」を選択するという事も

引き出しに入れておくことも可能です。

 

 

何度も、何度もイメージを自分の中で行い

シュミレーションをたくさんすることでできます。

 

 

断られてからの準備の話ばかりしましたが、

もっとも大切なことは

【断られてもいないのに、諦める】ことへの対策だと自分は思います。

 

チャレンジする前から、断られることにフォーカスしてイメージをしてしまい

良くない自分のステート(状態)になり、トライもぜずに諦めることが多いです。

 

想い描く未来を掴むのに、この最初の段階で挫折する人が多いです。

 

 

「断られる」ことに対して、

いろいろな感情のコントロール方法を勉強したり準備して

「断られる」という事について、

選択肢や可能性を広げておいたりすることは

【断られてもいないのに、諦める】ことへの対策にもなります。

 

 

 

チャレンジする前から、

悪いイメージばかりイメージしてしまっても

イメージの中でも、反応プログラムが書き換えられるので

そのため、ステート(状態)も変わり

「断られることばかりイメージしても諦めない」という

結果にすることも可能だという事です。

 

NLPで、自分をコントロールするという事をの

有効性を感じてもらえたでしょうか?

 

 

何通りも何手も考えるやり方のひとつとして

NLPのディズニーストラテジーの考え方も参考になるかもしれません。

 

自分の中にいろいろなパートを持っておいて

適切な順序、順番、タイミングでそれらのパートを登場させることは役立ちます。

 

ポジティブシンキング、ポジティブプランニング、楽天家パートが存在したり

ネガティブシュミレーション、クリティカルシンキングするパートが存在したり

ディズニーストラテジーが、このことを誰にでも実行できるようにしています。

 

「夢想家(ドリーマー)」

 

 

「実務家(リアリアスト)」

 

 

「健全な批判家(クリティック)」

の3つの知覚ポジションをつくり、利用する方法です。

 

1.夢想家で考え初め、ワクワクしたステート(状態)になり

2.実務家で、その実現について現実的な計画をたて

3.健全な批判精神をもち、自分を客観視していきます。

さいごに、もう一度夢想家で夢をみて、

ワクワクした気持ちが残る様な計画があればいいですね!

 

 

それが可能な「NLP」ってすごいと感じませんか?

想い描く未来を現実のものにする為に、一緒に勉強してみませんか?

楽しいですよ(^^♪

又、勉強して、時期が来たらご案内させて頂きますね!!!

それまで、しばしお時間を下さいね(^O^)/

——————————————–
LINE@作成予定です。
———————————————
Facebookもやっています。
お気軽に友達リクエストをお待ちしております。
⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓
http://bit.ly/2lKF3Ia
———————————————-
はてなブログもやっています。
⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓
http://bit.ly/2ls6hZ6
———————————————-
ツイッター再捜索です(笑)
@kn1210771
———————————————-
暗号通貨はじめました。
bitclubの経過報告と紹介を
ホームぺ―ジ作成後、予定しています。
———————————————-
今日も一日、お疲れさまでした

明日も頑張っていきましょう♪

又、いつも、「いいね」と「コメント」を
ありがとうございます。

本気で、励みになります!

最後までお付き合いいただき感謝いたします。

日々、自己ベストで進化、成長の毎日です!(^^)!

1秒前には戻れません!
起きたことは全て過ぎ去った過去!!

経験という名前に変わり、自分の力にかわります!!

今から、皆様で一緒により

豊かな時間を過ごしましょう!!!

桜井 涼    170323

ありがとうございました!(^^)!

 

 

 

 

Follow me!

コメントを残す