【無意識の優先度チェック(NLP)】

本日は、先日の勉強会でインストールしたモノを
自分の潜在意識下に落とし込みをするためには、

愚直に何度もくりかえしやるしかないので、
復習の意味合いも兼ねて投稿させていただきます。

 

 

 

これからは、有益な情報を
なるべく文字数減らして、
見てくださる方々の負担を
減らした投稿を心掛けたいと思います。

 

ご興味のない方は、すこし寂しいですが、有限な時間ですので
スルーして下さって構いませんので・・

よかったら、スルーの前にいちクリックだけお願いできますか?
⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓

社長ブログランキング

——————————————-

もし、少しでもご興味がわき、投稿読んで頂ける方にとっても
少しでも有益な情報になるよう、毎日の投稿は書き綴らせて頂いております。

 

 

自分を知ることは、非常に有益なことだと思います。

 

 

自分で自分の取り扱い説明書を入手するようなモノなので、
目標や思い描く未来のある方々にとっては良いと思います。

 

 

NLP(神経言語プログラミング)での、
自分の代表システムは
Ad:Auditory Digital(内部対話)の
特徴は先日書き綴らせて頂きましたが

 

僅差で自分は
V:Visual(ビジュアル・視覚)も該当していました。
恐らくこの2つが自分の中で
普段の生活の中で無意識で重要視している感覚なのでしょう。

 

 

もちろん、他の体感覚、聴覚に関しても使っているのですが
この2つの優先順位が高いみたいです。

 

 

このVisual(ビジュアル・視覚)は
『見える』『見通しがいい』『明るい・暗い』『はっきりしている』など
視覚に関係している表現を使う傾向が見られれます。

話をしている時は、視覚イメージにアクセスしながら話をするため、
目は上の方をみる動きをする場合が多いことも特徴の一つです。

視覚優位の方は目の前の風景に影響を受けることが多いため、
このタイプ相手に承諾を得たい場合などには、
雰囲気のいい場所で話を進めるとよいでしょう。

個人的にはこの感覚タイプの方が、多い様な気がしています。
何故なら、人間は視覚から最も情報を得ることが多いからです。
この、自分の無意識の感覚タイプを現時点で
自分なりに捉えてみると

まず、内部対話と視覚からの情報によってモノゴトを判断し
まわりの話を聞き、最後に自分の体の感覚を使っている傾向みたいですね。

 

ケースバイケースによって違ってきますが、
この神経言語プログラミング(NLP)の優先順位感覚を知り

勉強中のエニアグラム心理学とコラボレーションしていく事が
できれば「思い描く未来」に近づく為に
更に自分が掴めてきます。

これからも、少しでも有益な情報書き綴らせて頂き
お届けできるように努めますね!

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です