【リズム】・【プレーの間】

昨日は安曇野リーグと言う社会人テニスリーグにリハビリがてら、

参戦してきました。


社長ブログランキング

結果は3戦して

1勝1敗1分け(時間により)
でした。
最近の練習のダメダメのプレーよりは、

まわりの強い方達に囲まれて、

思ったよりいいプレーができたかな?と

自己分析しています。

その中で、アドバイスを頂いたのですが

プレー自体ではなく、

【プレーの間】、つまり【リズム】が良くないとの事でした。

良いときは、リズムよく行くのですが、

テニスされる方なら分かるかと思いますが、

自分のサービスゲームは、

できるだけキープしたいですよね?
自分のサービスゲームさえ

キープできていれば、

理論上、負けないテニスができます。
負けないテニスの続きは下にあります(^^♪

=======================
桜井涼おすすめ情報
=======================

■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■:
■◇■◇■◇■◇■◇■:
■◇■◇■◇■:
これで稼げなかったら、

もう終わりみたいです。

 
 
僕が、『今』1番推薦する
プロジェクトが遂に始まりました。
 
稼ぐのではなく『受け取る』
 
今回の稼ぎ方は、僕の読者さん限定で、
プロジェクトに無料参加するだけで、
 
毎月100万円を無条件で貰える稼ぎ方です。
 
以下のリンクより、今すぐご確認下さいね。
 
 
今回のプロジェクト主催者は、
僕の友人でもあり、毎年27億円稼ぐ尊敬する方です。
 
その27億円を僕の読者さん限定で
平等に分配をする、というプロジェクトです。
 
僕も登録しました。
 
あなたには本気で毎月100万円を受け取って欲しいです。
今すぐチェックをして下さいね!
 
 
それでは。
 

=======================
=======================
■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■:
■◇■◇■◇■◇■◇■:
■◇■◇■◇■:

そして、

試合の中で

このポイントを取れば

流れを掴めるポイントと言うモノがあります。

自分は、

逆にそのポイントを意識してしまって

プレーが無意識で、

小さくなってしまう時が

あります。



そう言った時は、

無意識で【リズム】、

【プレーの間】が悪くなっているよ!

とアドバイスを頂けました。

そうすると、

試合中パートナーが助けてあげようと

守備範囲を少し変えることで、

無理が生じ

スペースが空き、

逆にパートナーが狙われてしまい、

リズムが悪くなってしまいます。

ミスをした際にも同じことが言えます。

プロでもミス「アンフォーストエラー」は

あります。

同じ「アンフォーストエラー」と言っても

【次元が違います・・・・】

上記の様な、自分を落とす考え方は、

試合中は、いけないとも

アドバイスして頂きました。



テニスは自分のミスを減らして、

いかにリスクを押さえて

ポイントを重ねるかの

確率論も入ったスポーツです。

相手にもよりますが、

自分のサービスゲームを落としたって

逆に、相手のサービスゲームを

ブレイクするくらいの気持ちで

いればプレッシャーも小さくなるとも(^^♪
自分でも以前から、

自分のサービスゲームのとき

特にそういった自分で自分に

無意識のプレッシャーを

掛けているを自覚していたので、

勉強になりました。

リハビリテニスだったなので、

普段の自分よりプレーに

自信が無かったのも原因ですね(+_+)

アドバイスをくれる仲間がいるというのは、

非常に有難いですね(^^♪

仲間と言っても、元コーチの方ですが(笑)

何よりメンタルですね(^-^)

弱いの自覚しています(笑)

弱ければ強くなるだけです!!!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です