【想い描く未来の自分が言っている  「乗り越える為の睡眠の重要性!!!」】【後編】

【想い描く未来の自分が言っている
「乗り越える為の睡眠の重要性!!!」】【後編】

お待たせしました。

 

睡眠時間をしっかりとることも、重要ですが

睡眠の質も重要です。

また、当たり前のことから始まりましたね(^^;
——————————————–
クリックして頂けると、素直に喜びます(^^♪
お願いできますか?。
⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓

——————————————–

脳内の老廃物は
人間誰もが、脳内で生産されています。

幼かろうが、若かろうが、
年齢重ねていようが
健康だろうが、体調悪かろうが
お構いなしです。

その問題は老廃物の処理の仕方です。

まだ、マウスの実験の段階ですが、
2013年に「眠る理由は、脳の清掃」という論文を
神経科学者のジェフ・イリフ氏が発表しました。

脳内の老廃物の掃除は、
睡眠中の時間を使ってお掃除しているそうです。

これは、マウスを使った実験でわかった事です。

少し専門的な話になりますが、
ここからが、
【想い描く未来の自分が言っている
「乗り越える為の睡眠の重要性!!!」】【後編】の
本編です(^_-)-☆

体の中で最もエネルギーを消費する
脳には、体の老廃物を運ぶリンパ管がなかったので、
新しい技術ができるまで、今までどうなっているかは
あくまで推測の段階で、証明されていませんでした。

まだ、全ての人間を含め動物に共通する
「眠る理由」は、解明されていませんが、

ひとつの理由として「眠る理由は、脳の清掃」のなかで
それが論文として発表されました。

 

マウスの実験段階で、
わかったことですが
何と、睡眠中に脳内の血管に
リンパ管の役割を担わせて
老廃物を髄液が回収していたそうです。



老廃物を取り除くのは、静脈だけじゃないの?って
思われた方もいらっしゃると思います。

リンパは、静脈では回収しきれない
老廃物を回収するシステムとのイメージです。


純粋にリンパ管と静脈の違いについて
自分がわかりやすかったイメージで言うと
脳を含め全身の老廃物は、
通常は静脈に取り込まれて
ポンプの役目の心臓まで戻ってきますが、
静脈に入りきらない細胞間のあふれた分の
老廃物はリンパ管に流れ込み、リンパ液になります。


(人体百科:人体解剖図より引用)

静脈を渋滞している道路に例えると、
リンパは、渋滞の抜け道のようなものと言うイメージです。

 

又、ここでいう髄液は
主に背骨内と脳内の中の骨髄液です。

小学生の頃に聞いたような微かな記憶がありますが、
脳は豆腐みたいなものだとの記憶があります。

簡単に言うと、脳は背骨と脳内の中の髄液に
浮いている様なとイメージをしています。

もちろん、そんなことはありませんが、
簡単にイメージするとです(^^;

おそらく、正確には色々とあるかと思いますが、
自分なりにわかりやすく書き綴ってみました。

脳は全身で一番エネルギーを消費する所なので、
老廃物が多いはずなのに、リンパ管がなかったので、
昔から不思議にされていたそうです。

密度の濃い脳内では、
血管がリンパとのの2人分の役割を担っていたみたいです。

まるで、東京の各社地下鉄とJR山手線見たいです。

しかし、睡眠中にそんなお掃除がされていたなんて

すべての事には、意味があるのですね(^^)/

人間の体は神秘です(^_-)-☆

 

 

 

つまり、誰でも簡単にできることが、
質のいい睡眠を取ることです。

人それぞれに、あった方法は必ずあります。
人生の約3分の1は睡眠時間ですからね(^^♪

睡眠中も、有限な人生の時間です大切に使いましょうね♬】

 

ここからは補足なので、ここまでお付き合頂けた方は

読み飛ばして頂いて構いません。

先日、テレビ番組で、

ピーナッツを皮ごと素焼きにして食べる事で、

その、アルツハイマー型痴ほう症の原因物質の

ひとつである『アミロイドβ』等のたんぱく質の

排出能力が高くなるとの番組をみました。

理由は、長寿遺伝子のスイッチをいれるポリフェノール

【レスベラトロール】にあります。

この【レスベラトロール】が、

記憶の一時保管場所の海馬の細胞を刺激して

痴呆症の改善、予防ができるそうです。

もちろん、ポリフェノールなので高い抗酸化作用もありますので、

脳細胞の老化にも効果があるそうです。

又、ピーナッツ、アーモンド類のモノには

悪玉コレステロール(LDL)を減少させる

「オレイン酸」(脂質)が含まれています。

 

その効果は、一日10粒程度で
遅くても2~4日程で、(もちろん個々差はあります)

『アミロイドβ』を排出する力=いわゆる新陳代謝です(^^)/

70歳代、80歳代の方も健康な20代の方と

同等かそれ以上の結果が番組では、出ていました。

 

 

これは、驚くべきことですΣ(・□・;)

純粋に、年齢に抗っていることですから(^^)/

ただし、運動を取り入れての検診です。
ただ食べるだけで、なんて虫のいい話ではありませんよ(^^;
でも、運動と言っても1日数十分の歩行検証でしたので、ご安心ください。

Follow me!

コメントを残す