【それぞれが描く未来のあなたからの伝言「集中力の鍛え方」】

誰でも、簡単にできる事しか書き綴りません。
そうでなければ、意味が無いと思います。

誰でも、心掛けや、やる気スイッチを使って
できる事しか書きませんので、
やる気スイッチのある方は、
できる時でいいので、是非ご参考にして見て下さいね!!
——————————————–
クリックして頂けると、素直に喜びます(^^♪
お願いできますか?。
⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓

——————————————–
人間の本質は怠けるのが大好きなので、
本質とは逆行してますが(笑)

自分は、人生に真剣なので
備忘録も兼ねて書き綴らせて頂いてます。

 

「集中力=生まれ持った資質」と
考えられている方が
多いと思います。

 

あの人は頭がいいからとか、
年だからとか言って見たり、
自分やまわりに
都合のいいように
言い訳をしてみたりしてませんか?

集中力をつける事で、
モノゴトのスタートに掛ける時間が短縮したり
だらだらと時間をかけてしまったり
結果に直結しやすくなるので、
誰にでも平等な「時間=命」を有効活用できます。

その為に、まず、第一に集中力を生み出す源を
知っておかなければいけません。

その集中力の源はズバリ
おでこ(額)の2~3センチ奥の脳、前頭葉にあります。

この前頭葉は、前頭前野という部分も含めます。


この部分は、
「ヒトをヒトにたらしめ、
思考や創造力を担う、
現在考えられている」

脳の最高中枢機関です。

この部分が、人間の思考や創造性の源です。
この部分で作った集中力の源は、
ある一定の量があり、
集中力を使うたびに少しづつ消耗していきます。

この部分の消耗した分を補うには、方法があります。
①良い睡眠をとる
②脳のエネルギー源となる食事をとる。
ことがあげられます。

又、中には「集中力が続かない」と
悩んでいる方もいると思います。

 

きっと、そういう方は
その都度、目の前の作業や現実に
振り回されているのだと思います。

そうなると、前頭葉の集中力を使い過ぎてしまい、
何回やっても習慣されず1度に処理できるのは
1つだけになってしまいます。

この状態を抜けるには、
新しい習慣にするために
前頭葉の集中力を使って
1つの事に絞っておこなう事で
習慣化することができ
脳の集中力の節約をすることができます。

そして節約できた前頭葉の集中力を、
新しい事を覚えるのに費やすことができます。

人間、集中して処理できるのは1づつだけ。

そうしていく事で、意識しないで
物事の同時進行ができる様になります。

今日はこれで終わりますね(^^♪

=言葉を変える=
=想いを変える=
=思考を変える=
=行動を変える=
=継続し続ける=
=生き方が変わる=
=人生が変わる=
 
 
桜井 涼でした(^^♪

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です