【プライミング効果】

【プライミング効果】

これは、心理学者ダニエル・カールマンの理論です。

簡単に言うと、観念によって人の行動が変わるという理論です。

あの、自分の行動の8割程度をつかさどっている
無意識の力を利用したモノです。

——————————————–
クリックして頂けると、素直に喜びます(^^♪
お願いできますか?。
⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓

——————————————–

上記の写真は、何に見えますか?

自分は、若い女性にしか見えませんでした(^^;

しかし、老婆にも見えるそうです?!

写真以外にも

非常に簡単な例を述べますね♬
「ピザ」×10と言ったあと、
肘をさして
ここは?と聞くと
つい、「ひざ」と答えてしまうと思いますが、
ずばり、それです。

 

事前に印象つけられることで、
わかっていても間違えてしまう現象の事を指します。

プライミング効果は、
外部から入ってくる情報によって
自動的に起こり
その後の、意思決定や思考に影響を与えます。

又、
「ライオン」「キリン」「ゾウ」「パンダ」「ウサギ」など
動物名を見せた後に、

「スピードの速いモノは?」と質問された際に、

 

 

 

 

あなたは無意識で、
つい「チーター」や「競走馬」などの動物を考えてしまうと
思います。

別に、動物に限定した話ではないのですが、
つい、動物に限定してしまうのです。

これも、プライミング効果の一例です!!!

屁理屈だとか、正確悪いと思われたことでしょう(^^;

申し訳ありません<(_ _)>

 

この無意識の力を、有効活用することはできます。

 

それは、【集中力を保つことができた】と
自分が感じられた環境や時間を記録することです。

時間を15分~25分程度に
区切って集中的に行うのもそのひとつです。

 

またまた、余談ですが、
ただ記録を取ると言う事で
無意識の力を使い、行う
レコーディングダイエットと言うモノがありますね(^^♪

 

簡単に言うと、
脳は素直なので、
やり方次第で、あなた自身、
つまり自分に簡単に騙されるので、

集中力に関して言えば、
どの位の時間、環境で集中出来たのかを記録する事で
無意識の力を自分の力に変えられます。

個人的には、あなたが集中できた時間を
すべて記録できなくとも
あなたが、集中して思考ができる環境は、

おのずと自分から行く事になりますし
繰り返しているうちに自分でも
自己催眠の一種で
あなたの自分の脳にプライミング効果の暗示がかかり
自然と、そこで、その時間は集中できる様になります。

=言葉を変える=
=想いを変える=
=思考を変える=
=行動を変える=
=継続し続ける=
=生き方が変わる=
=人生が変わる=

 

桜井 涼でした(^^♪

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です