【導かれる未来への必須アイテム       「集中力」「姿勢」】

前回まで、超個人的な投稿でしたので、
今回より、また「集中力」をテーマに
少しでも有益な情報だと思い書き綴らせて頂きますね♬

最近、Facebookで1日置きの更新にしていますが、

それでも、ひそかに毎日のブログ更新はしています。

学びと備忘録も兼ねていますからね♫

なので、投稿できる時には投稿はしていきますね♬

先程まで、弟家族の娘たちに弄ばれていました(笑)

行かないで―と泣かれましたが、

今は、逃走してスタバです(^_-)-☆

間違いなく自分は、作業を始めるに当たって、
ブログ更新してからの方が、
作業が捗る(はかどる)からです。

——————————————–
クリックして頂けると、素直に喜びます(^^♪
お願いできますか?。
⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓

——————————————–
「集中力」
しばらくこのテーマで書き綴らせて頂きます。

今日の、集中力ですが、
「プライミング効果」の補足を後半にひとつ追加してます。

 

前回、正確には集中力を保つことができた
時間、場所を記録する事と書き綴りました。

しかし、これは自己流になってしまいますが、
集中できる場所には、自ずと足が向かうはずだから
すべて記録しなくても大丈夫だと自分は考えています。

一種の自己暗示ですね!!!

何事も、続かなければ意味が無いと思うので、

あなたが継続しやすい方法で行ってくださいね!

本日の集中力を保つのに大切なひとつは「姿勢」です。

作業の前に姿勢を整える。
たったそれだけのことです。

誰でもできます。

よく、年齢を重ねることで、
集中力が・・・という事を聞きます。

あまり年齢は関係ないかもしれませんが(笑)

それは、何故なら筋力の低下がひとつの要因です。
「姿勢」を保っていられなくなり、
脳への血流を保ちづらくなるからです。

この筋肉は、一般的な力こぶに代表される筋肉とは違います。

ある一定の姿勢を保つ筋肉です

簡単に言うと、インナーマッスルです。
別名「抗重力筋」とも呼ばれています。

単純に、姿勢を保つには
特に衰えやすいのが、
下記の3つの筋肉です。鍛えることで姿勢を保つのに効果的です。

・脊柱起立筋
(背骨周りの筋肉です)
・腸腰筋
(足と腰を繋ぐ腰周りの筋肉です)
・大腿四頭筋
(太ももの筋肉です)

()内に非常におおざっぱですが、簡単な説明を載せました。

それぞれの正確な鍛え方は、

お手数ですが、ググって頂くか、
YouTube動画で見て頂き
あなたにあったモノを選択してくださいね♫

簡単には、「抗重力筋」というので、
地球の重力に逆らうモノで、
日常生活の中で鍛えられますので、
安心してくださいね♬

様々な研究結果で、人間は15分以上座っていると、

認知能力も集中力も低下し、作業効率も落ちることが

わかっています。

究極には、立っている時の方が

座っている時に比べてに

認知力も、判断力、集中力も大きく上昇します。

さらに、座っているよりも自然と姿勢も良くなり

第二の心臓と呼ばれるふくろはぎも使うので、

さらに血流も良くなります。

しかし、やり過ぎは厳禁です(^^♪

年齢を重ねる事での、
筋力低下は誰でも起こりますが、
そのスピードをコントロールすることは
誰にでもできます。

 

「姿勢」を整えるだけで、

脳の集中力の源である前頭葉に、

脳のエネルギーであるブドウ糖、酸素を届ける為の

血流を確保できます。

簡単なモノで、背筋を伸ばすとかだけでも

それに該当しますからね!

昔から、人間は、血管共に老いると言われていますが、

やはり血流は集中力を保つのにも必須のモノです。

集中力の話とは全く違いますが、

この血流を保つことが、

日本人の2人にひとりは罹患する可能性のある

ガンへの罹患率の低減に繋がります。

一石二鳥ですね(^^♪

なぜ、ガンの罹患率の低減に繋がるかは、

医師免許はもちろん持ち合わせていませんので、

聞き流してくださいね♬

あくまで、素人の見解ですからね!

都市伝説みたいな感じで聞いて下さい。

罹患率の低減に繋がるのは

ガン細胞自体が、酸素がある場所では生きていけない、

存在できない細胞だからです。

これを、かっこよく言うと嫌気性と言います。

だから、心臓にはガンが無いと把握しています、

もし、あったら教えて下さい。

つまり、簡単に言うと、ストレスや運動不足で

血流が悪い場所に発生すると自分では考えています。

特に、全身の血管の95%を占める毛細血管の血流が、

ほぼ、すべてを担っています。

この毛細血管のコントロールは、自律神経が担っていますので、

もちろん、コントロールは出来ません。

しかし、脳が騙せるのと同じで、方法はあります。

あえて、ここでは、言及しませんね(^_-)-☆

 

しかし、結果として、毛細血管の活性化にも繋がり、

筋力の向上、維持にも繋がる

適度な運動がいいというのも納得できますね♬

又、姿勢を保つことで、呼吸が深くなります。

姿勢を保つのにも、筋肉が必要です。

先程、述べた脊柱起立筋が主に担っています。

この脊柱起立筋の鍛え方は、

簡単です。

重力に逆らう事をすればいいのです。

最近女性に流行っている、ヨガとか

瞑想もこれに該当します。

背筋を伸ばすだけでも大丈夫です♬

これで、血液が循環しやすくなり脳の栄養源である

酸素の供給量が増えます。

 

その改善のために、前回にも言った、

15分~25分程度の時間で区切っておこなう事で、

集中力の維持ができるのです。

ではでは(^^♪

 

 

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です