【「食事」 導かれる未来からのアドバイス集中力の源】

みなさん、集中力を生み出す元の脳のエネルギー源は何だと思いますか?

そうです「食事」です。
——————————————–
クリックして頂けると、素直に喜びます(^^♪
お願いできますか?。
⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓

——————————————–

前回、書き綴らせて頂いた「姿勢」を維持するにも必要です。

又、その「姿勢」維持するための筋肉を作るにも必要です。

生きていく為には、必ず「食事」をしなければいけません。

それも、人間は基本、雑食です。

肉も、野菜も、魚も、穀物も食べます。

その中で、脳のエネルギーの源になる栄養素は

主に以下の6つです。

ブドウ糖、アミノ酸、
脂肪酸、リン脂質、
ビタミン、ミネラル

この、脳は大食いです( ゚Д゚)

体重に占める割合は2%に関わらず、
エネルギー消費量は18%。

2%で約2割のエネルギーの消費をするのです!!!

それだけ、複雑な働きで体の維持や活動に働いているのです。

上記にあげた6つの栄養素の中から、

脳が「集中力」に使えるモノは「ブドウ糖」しか使えません。

又、この「ブドウ糖」は脳で備蓄することができないので、

足りなくなった分は、

肝臓に蓄えられているグリコーゲンを

ブドウ糖に変えることで補います。

しかし、肝臓に蓄えられるグリコーゲンにも限りがあります。

最長でも、約12時間ほどしか蓄えられません。

その間に、食事で補給するしかないのです。

その栄養補給する食事の
集中力を高めるキーワードは

「低GI食品」
「間食」
です。

詳しく書くと、GI=グリセミック・インデックスの略です。
あえてスぺルは、省きました(^^;

簡単に言うと、食後2時間に血糖値が

どの位上昇していくかを表す指標です。

血糖値が急激に上昇していくモノを
「高GI食品」

じわりじわりと穏やかに上昇して行く食品を
「低GI食品」と呼びます。

集中力の重要ポイントとなるのは
「低GI食品」です。

脳の栄養素である「ブドウ糖」が補給されると、
血糖値もあがり
脳にもエネルギーがいきわたり集中力が高まります。

逆に、血糖値が下がると集中力が落ちていきます。

急激に上がった血糖値は、急激に下降します。

じつは、この急激な血糖値の乱高下に
人間の体は非常に強いストレスを感じます。

ーーーーーーーーーーーーーーーー

少し話が「集中力」から逸れますが

また、血糖値の急上昇は
血管に対して強いストレスになり
結果として血管内を傷つけてしまいます。

そうした傷に対して体を作るたんぱく質からできる
コレステロールが修復しようと張り付いていきます。

コレステロールは、一見悪者扱いされますが、
体を修復したりする絆創膏の役割をしています。

つまり、コレステロールが高いのは

体が炎症を起こす

血管内を傷つける糖質の多い食事で

血糖値が急激に上がった場合や

最近騒がれるようになった

トランス脂肪酸を含む質のよくない油などを使ったモノで

「血管が炎症を起こす様な食べ物」

食べた時と言う事になります。

又、この話は後日書き綴らせて頂きますね♬

ーーーーーーーーーーーーー

本題にもどります。

みなさんも、体験したことがあると思いますが、
血糖値が下がってぼーっとした時などに、
血糖値の急激に上がるモノを食べた際に、
スッキリとした頭が働く状態になると思います。

その為15時のおやつが昔から習慣化されているのです。

又15時ころは、体の体温も下がってくるので、
その体温の維持も兼ねておやつの時間があります。

あなたはどうしてますか?

基本、自分はおやつ食べない派なので、

ほぼ、おやつは取りませんが、

繁忙期などは、何か口にします。

それ以外の時は、適時水分補給は欠かしませんが、

それでは、いけませんね(笑)

この、血糖値が下がった状態、栄養素が足りていない状態、

つまり疲れを感じている状態の時に取ると

「集中力」を高める食べ物が

「低GI食品」になります。

食事であれば、「玄米」「黒糖」「全粒粉パン」などの

人間の手があまり掛かっていない状態の食品です。

なるべく自然の状態のモノ未精製の食品ですね♬

できれば、素材丸ごとが栄養もしっかりとれ一番ですが(^^;

大変です( ゚Д゚)

おやつの時間に取る間食であれば、

炭水化物ではなく、なるべく体の材料になる
タンパク質の高いモノが良いです。

理想の間食が「ナッツ類」です。

これなら、簡単に誰でもできます(^^♪

又、以前のブログで書き綴って、言っていますが、
脳の健康維持、向上にも一役買います。


この「ナッツ類」は、集中力、思考力を高める成分を含みます。

含まれる、オメガ3脂肪酸、オメガ6脂肪酸は天然の抗うつ効果があるとされ、

ポジティブな思考にも一役買います。

又、意外と食物繊維も多いため、食後の血糖値の上昇も穏やかです。

この、「低GI食品」を中心とした食事
「ナッツ類」を中心とした間食が
集中力を高め、なるべく持続させるモノになってきます。

中々食事にまで、手が回らないと思いますが、
間食であればだれでもできますし、
自分が知って意識をするだけでも、違ってきます。

是非、奇跡的に、このブログに来られた方の
少しでも力になれればと思い
又、自分も学び、備忘録も兼ねていますので
よかったらで構いませんので、
又、お時間のある時で構いませんので、お立ち寄りくださいね!!!

それではまた会いましょう(^_-)-☆

最後までお付き合いいただきありがとうございました<(_ _)>

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です