【精神と時の部屋〔集中力〕「導かれる未来へのステップ」】

今日は、急遽、予定変更になり自宅療養してます。
 
何故なら、休みに入った途端に
 
胸、背中、腕、首、足、腰など全身の筋肉痛に
 
見舞われてしまったからです・・・。
——————————————–
クリックして頂けると、素直に喜びます(^^♪
お願いできますか?。
⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓

“社長ブログランキング”>
——————————————– 
 
 
昨日の畑仕事は、痛い中行えましたが、
 
こんな筋肉痛は、ハーフマラソン走った後のの、
 
筋肉痛より始末が悪いです。
 
 
 
 
初めての経験です。
 
 
 
 
 
昨年より、
 
何故か運動を習慣にしているのに、
 
ぎっくり腰経験したり色々あり過ぎます(笑)
 
 
 
 
 
 

しかし、自分の中で、

原因ははっきりとわかっているので、

 
大丈夫です!
 
 
 
 
 
現実に抗う人ですから(^^)/
 
負けません(^-^)
 
でも、負けていい場所は潔く負けます(笑)
 
 
 
 
 
やはり、精神と体はもれなくリンクしてますね(^^♪
 
いい勉強です(^^)/
 

 何事も強気です(^_-)-☆

 

 
 
現在は、
 
精神と時の部屋の感覚です。
 
漫画ドラゴンボールに登場する異空間のことです。
 
 
 
神の神殿の中にあり
真っ白で何も無い世界。
 
 
時間の流れが外界とは違い、
外界での1日が、
この部屋の中では1年(365日)に相当する。
 
 
 

短期間でパワーアップできる、修行に最適な環境。

現実には、1日は誰しも同じ時空の流れです。

しかし、集中して物事に取り組んだ時には

誰しも、いつの間にか時間が過ぎていた体験があるはずです。

そのことを表現しているんだと思います。

今話題になっている「ワンピース」の

作者、小田栄一郎氏が手本にしている

ドラゴンボールの著者の鳥山明氏は、

やはり、すごいですね( ゚Д゚)

そんな鳥山氏の総資産は100億円

小田氏は31億円と過去に本人がテレビで言っているので、

あながち嘘ではないでしょう( ゚Д゚)

 
日常の中で言うなら、
環境を変えることです。
 
転じて、部屋にこもってトレーニングすること、

缶詰になって勉強することを表します。

図書館に行くのもいいですし

 
 
家で集中できる環境が無い場合、
外のカフェなどで勉強する事も該当します。
 
 
受験生なんかは、よく入ります。
 
 
外食産業の巧妙なトリックかも知れませんが、

情報では、東大生の合格者の6割程度が、
 
外のカフェなどで勉強していたという話です( ゚Д゚)
 
 
 
 
 
 
 
 
少年時代の悟空が
「気が狂いそうで一ヶ月も入っていられなかった」
ほど過酷な環境。
 
 
 
気温は50℃~マイナス40℃まで変化
空気は地上の4分の1ぐらい
重力は地球の10倍
広さは地球と同じくらいらしいです。
 
 
 
 
寒暖差だけなら長野県もそれなりです(笑)
 
 
話しを戻します。
 
それでも、これではせっかくの時間を使えないと感じ、
スローモーションで病院に行ってきました(笑)
 
問診の中で
 
先生も、海外旅行にでも行ってきて
 
リフレッシュした方がいいと
 

同じようなニュアンスの事をおしゃってました(笑)

しかし現実は自分で変えるしかありません。

 
そうなるように、現在、精神と時の部屋に入っています(笑)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Follow me!

コメントを残す