【「集中力は手でつくる」ワーキングメモリーのリセット   導かれる未来からのアドバイス】

あなたは、何かしようとしてて

他に注意を惹くモノがあったりすした場合、

つい忘れてしまった経験はないでしょうか?

スーパーに、電池を買いに来たはずが、

欲しかった商品があまりにも安くつい電池を買い忘れてしまった。

雑誌などを眺めながら、雑談をしていたら先程まで見ていた

ドラマの出演俳優の名前が出てこなかったなど・・・

 

 

それは、脳の第3の記憶「ワーキングメモリ-」と関係してます。
——————————————–
クリックだけ頂けると、励みになります(^^♪
お願いできますか?。
⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓

——————————————–

(2~3分の文量です)

簡単に言うと、何か目的をもって作業する時に

使っている脳の一時保管場所です。

 

他には、長期記憶と短期記憶がありますが、

ここでは触れません。

ワーキングメモリーとは、

パソコンで言うと、メモリーです。

パソコンが処理をする、

作業場の机みたいなイメージでいます。

このワーキングメモリーには個人差がありますが、

一定の量しかありません。

地頭がいいとか、頭がいいと言われる方は

この領域が発達していることを言うのでしょうね(^-^)

 

このワーキングメモリーは同時に色々なことを

こなしたりするデュアルタスクをしたり、

選択、判断などを行う事で

いっぱいになってしまっていると

頭がぼーっとしてきたり、覚えられる量が著しく減ってきます。

つまり、ワーキングメモリーがいっぱいの場合も、

「集中力」は落ちます。

コンピュータであれば、メモリの増設ができますが、

人間はそう簡単にメモリの増設は出来ません。

鍛えるしかないです(笑)

しかし、それよりも簡単に

ワーキングメモリーの維持、回復、改善によい方法があります。

 

それは簡単ですが、行う人と行わない人に必ず分かれます。

【紙に書き出すことです】

これだけです!!

 

あなたが不安に感じる事、やらなければいけない事など

心配事などを書き出すだけで、

頭のなかにあった事が外に出されて、

ワーキングメモリーに占める

いっぱいになっていた不安事などが減ります。

取り組まれている方もいらっしゃるかと思いますが、

マインドマップも同じ効果です。

あなたの頭の中のモノを脳の構造と同じように、

関連付けて書き綴るモノなので

わたしはほぼ同じ様な効果をもたらすモノだと考えています。

違いは、マインドマップは、過去から未来まで

思考の輪を広げられる点だと感じます。

 

そういった紙に書き綴ることで、

あなたのワーキングメモリーの容量が復活します。

パソコンで言う、いらないメモリーの削除ですね(^^)/

 

 

又、集中力が続くひとつの方法として

最初の5分間には、自分が簡単にできる

簡単な作業、解ける問題から始めることで、

その後も集中力の持続がしやすくなります。

これは、簡単なできる作業を行う事により、

リズムを作り、あなたが持つ

苦手意識を取り払う効果があるからです。

本題の「集中力は手でつくる」は、

あなたが抱く負の感情を書き出すことで、

よりプレッシャーに勝てる脳の状態を作ると言う事です。

又、以前のブログで書き綴った「瞑想」についても

同様の効果がありますので

お時間の許す方はこちらからどうぞ

https://wp.me/p8yVz3-n6

(3~4分程度です)

Follow me!

コメントを残す