【生きている限り、道はひとつじゃない】

あなたは、今まで生きてきてまっすぐ歩んでこれたでしょうか?

それならそれは、ある意味しあわせです。

わたしの場合は、大学卒業、就職3年目ぐらいまでは絶好調でした(^^♪

えっつそれからは?って思いますよね?

そうです。

即死になりかけて、集中治療室の一番重篤な部屋に2週間いました。
意識不明でした。

それがあり今があります。

過程は省きます(笑)

何故なら、そこから現在まで書けと言われれば本気で本書けます(^^;

なので省きます!

出版社に知り合いませんし、自費出版するには、まだ軍資金が(笑)

でも、わたしが、亡くなるまでには書いて見たいですね(^^♪

誰も買わないはずなので、全額赤字の自費出版です(笑)

自分の息子や娘、はたまた孫に向けてでしょうか?

未来はわかりませんが、ほんの冗談です(^^♪
——————————————–
クリックして頂けると、素直に励みになります(^^♪
ありがとうございます<(_ _)>
⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓

——————————————–

生きていることに感謝です!

未来に何があるかは誰にもわかりませんが、

でもきっと、これから幸せに寿命までは生きられます(^^♪

 

話しが変わって

あなたなら、まっすぐ歩いてきたのに、

大きな岩が道をふさいでいたら、

その石を少しづつでも、打ち砕いて

その壁を必死に突破しようと思いますか?

 

 

それとも、進めなくなっしまった絶望感で、

やる気がすっかりなくなってしまいますでしょうか?

 

 

わたしは、どちらでもいいと思います。

何故なら、その時のあなたの状況がわかりませんし、

頑張りたくても頑張れない時も人間ですからあります。

それも、考慮してどちらでもいいと思います。

 

 

 

どちらでもない考え方があっていいと思うし、それが自然です。

 

 

目の前の岩を打ち砕き前に進むのではなく、

乗り越えるのでもなく、

目の前の岩に対して、

目的を見失って絶望感に打ちひしがれてしまうのでもない。

 

 

 

 

ただ、

「ここ以外にもきっと道はある」

そう考えられるだけでもいいと思います。

そして、人生の道順はひとつじゃないと思います。

人の数だけ、たくさんの道が用意されているはずですし、

たくさんの道を、迂回しながら、

最後に、たどり着きたい場所に辿り着いていればいいと思います。

受験に失敗したり、大失恋したり

事故で死にかけたり

ようやく入った会社でパワハラにあったり

人生には挫折がセットで販売されています。

それも、もれなく(笑)

しかし、それと共にもれなく幸せもついてきます。

わたしはそう思います。

 

必ず生きていさえすれば、必ず次のチャンスは訪れます。

あなたのペースで良いので、ゆっくり行きましょう♬

人生に早いも遅いもありません。

すべて起こることは、その人の為に、

ベストなタイミングで必然で起こります。

本気でそう思っています。

だったら、顔をあげて、

誰しもわからない未来なら、

少しでも明るい未来に向かって、又歩き出しましょう(^^♪

Follow me!

コメントを残す