【フォースと共にあらんことを(^^♪】

先日、15日公開のスターウォーズ最後のジェダイを観てきました。

私は10年以上前まで、知ってるだけで、
内容は一切知らなかったのですが、
その当時の上司に、見た方がいいよと言われて
何でも見てみない事には、始まらないと思い
素直に一巻づつ借り、全巻レンタルして1~6まで全て観ました。

最初は、本当にスターウォーズ1から順番に見ていったのですが、
3、4くらいから時代背景見えなく話が
自分のなかで混乱していた記憶があります。

ググってみたら、何と番号順ではなく
公開順にみた方が良かったらしく
4~6から始まり、その後1~3となっていたそうです。

4~6が知ってる人が多いルークスカイウォーカーが主人公の話で、
1~3がそのルークの父アナキンスカイウォーカーが、
暗黒面に落ちてダースベイダーになる話しです。

見てから知りました(笑)

それは混乱しますよね(´・ω・`)

それ以来、スターウォーズの世界にはまってしまっています。
フォースの力で(笑)

個人的には6が一番好きです。
ダースベイダーになっていたルークの父が
最後に、息子への愛情で戻ってきたのですが・・・

最後は亡くなって闇と一緒に亡くなっていったのが、
やはりダークサイドに落ちて行っても
最終的には息子への「愛情」が勝ったのです。

そんなスターウォーズ最新作は、観客が多くいました。

ネタバレはしたくないのであまりストーリ-は書けませんが、

最近、宇宙のことや素粒子の事に興味があるので、
自然と「RAS」が、情報を拾ってきます。

その情報をもとに観てみると
又、違った面で観れて話が深く感じました。

結局、私は、人間には2つの面があり
そのどちらかに偏り過ぎてしまった場合は、
特にマイナス面の負の感情サイドに傾き過ぎてしまった場合は
ダークサイドに落ちるのだと解釈しています。

傾きすぎる事は、
つまりそれに執着している状態が長い時間続くことで
暗黒面に行ってしまうのです。

執着と粘り強いのは、同じように見えて違います。

私の解釈では、執着はそれしか見えない状態だと思います。
つまり、悪い表現でいうと視野が狭くなった状態だと思います。

粘り強いのは、その目的に対して決してあきらめない状態だと思います。
手段を変えてでも、例え時間が掛かっても、
どんなことをしてでも
目的を達成するまでやり続ける事だと解釈しています。

ダークサイドは、もちろんダースベイダー側です。

なので、適度に忘れることも必要なのです。
そして、違うことをしてみるのもいいですね(^^♪

ここで、違う事をして
当初の目的を忘れてしまったりするのは
本末転倒だと思います。

又、ひとつの事にフォーカスする力も大事だと思います。
私なりの解釈では、
フォーカスすることで結果に早く繋がりやすくなるのと
結局、時間は誰しも有限だからです。

そして、スターウォーズの世界で言うと、
光か闇のどちらかが、
強すぎると逆にその逆が強くなることになる。

つまり、バランスが重要だとも

このバランスに関しては
実際の世界でも非常に重要だと思います。

中国では、光と闇のことを陰陽と呼びます。

以下に引用させて頂きます。

陰陽(いんよう)とは、中国の思想に端を発し、
森羅万象、宇宙のありとあらゆる事物を
さまざまな観点から(いん)と(よう)の
二つのカテゴリに分類する思想。
陰と陽とは互いに対立する属性を持った二つの気であり、
万物の生成消滅と言った変化はこの二気によって起こるとされる 。
Wikipedia様より引用

 

そして、何より「希望の光」を決して
絶やさない事が非常に重要だと再認識しました。

その「希望の光」を生み出す元は火花であり
その元が「エネルギー」だと

その大事な「希望の光」になると私は思います。

是非、一度は無料なので確認だけでもいかがでしょうか?
http://bit.ly/2zf0jQq
(説明文は、ランダム表示なのでご注意を)

ご興味のない方はスルーして下さいね<(_ _)>

来年には、さらに今の現状をリアルタイムで
お伝えするウェビナー(ネット上の生放送)も、
月1回は開催されます。

そちらを見て頂ければ、取り組みさえすれば確実に
あなたの人生にプラスにしか作用しないモノだと
「希望の光」になると、感じて頂けるはずだと思います。

ちなみに主催者の方は、12月31日大みそかの格闘技の番組で
クロアチアのミルコ・クロコップ選手のスポンサーとして招かれており
テレビに映る真裏にいるそうです。

格闘技にご興味のある方はご覧になって見て下さいね(^^)/

 

Follow me!

コメントを残す