【ブロックチェーンは仮想通貨のコア 「勇気」を使うには・・・】

今、話題になっている

コインチェックの件は、
ひとことで言えば
ビットコイン取引所という場所の
管理不十分で起きた事です。

これで、ブロックチェーンが破綻したとか
そういう話ではありませんが、
おそらく、取引所からでも、
何処からでも関係なく、ビットコインが流出したとの話があり
一般の方や被害にあった方は
仮想通貨は
危ないとの認識を持たれた方が

多いと思います。

何故か昨日の夜の番組の途中で
速報の様な形普段とは違う

タイミングでニュースが入りました?

これには、何か見えざる力が
働いているように感じてしまいました・・・。

正直、仮想通貨や投資案件は、
基本すべて自己責任です。

これから、FXの様に法整備が整ってくれば
話しは多少違ってくると思いますが、
今現在、金融庁が大急ぎで取り掛かっているところです。

2018年中は、掛かってくると思います。
夏ころまでには大きく変わってくるはずです。
すでに、来月から施行されてくるモノもあるようです。

正直、仮想通貨に関しては、
もっと一般に普及するには、
もっと使い安い状態に持って来なければ、
一般に普及は難しいと思います。

しかしその頃には、
現在の様な
うまみも無くなってしまっていると思います。

リスクを取るか?安全を取るか?
だけです。

人間は基本、変化を嫌います。
それは、

人間のホメオスタシス(恒常性)のためなので
仕方がありません。

それがなかったら

人類は滅亡していたはずです。

しかし、逆に変化しなければ生き残ってもいけませんし、生き残っていなかったはずです。

そこで私が必要になってくるモノは、
「勇気」だと考えます。

他にも必要にはなってきますが、
ここでは、「勇気」にフォーカスして書き綴ります。

人間の本能であるホメオスタシスに逆らっていく事は、
間違いなく勇気がいることです。

そこに、待ち受けるのは様々ですが、
現状に従っているより間違いなく困難なはずです。

ドリームキラーなどがその代表格です。

わたしは、それに対しては必要なこと以外は
黙っていることに尽きると思います。

すべての事にリスクはついています。
おおきな意味で、生きてるだけで間違いなくリスクです。
だっていつ何かに巻き込まれてこの世にいられなくなるかは、
誰にとってもリスクなはずです。

そんな中、リスクという恐怖に負けない為には
私は、「勇気」が必要だと思います。

「勇気」を持つには、それに対する希望が必要です。
その「希望の光」を見続けるためには、
日々のコツコツとした積み重ねが必要になってきます。
それには、どうしても時間という触媒が必要です。

ですが、ひとによってそれまで積み重ねてきたモノが
それぞれ違ってきますし、環境もちがいます。

なので、私はその人が気づいたときが、
すべてのスタート地点だと思っています。

遅すぎることもないですし、早すぎることもありません。

すべては、その人が引き寄せているモノだと考えます。

気づかない内に、人生の時間が
無くなっていく方もおられると思いますので、
気づけるだけでも、有難いことだと思います。
わたしは(^^)/

では、本日はこれにて失礼いたします<(_ _)>

Follow me!

コメントを残す