【ぼーっとしているトキは、普段の約20倍?!】

ぼーっとしているときには、
脳は仕事をしていないと思われがちですが、
実は、普段使っている前頭前野や前頭葉などの
おでこの部分の脳を使っていないときには
その逆の部分の脳をつかって、ひらめきなどを
生むような活動を行っている可能性があるそうです。

NHKスペシャルで取り上げられていました。
https://www.nhk.or.jp/kenko/special/jintai/sp_7.html

 

 

さらになんとぼーっとしている時には
普段の脳の活動の約20倍の活動量もあるみたいで
それを「デフォルトネットワーク」というそうです。
この活動で、脳は情報を整理して「ココロ」を作っているそうです。

あなたの大事なココロです。

以前に、ブログで脳は疲れないと書き綴りましたが、
https://wp.me/p8yVz3-nz
意識のある時も、睡眠中も脳は活動を続けているのですから
そう考えると、納得できませんか?
また、脳科学者の池谷裕一教授も
「脳は疲れない」との本を出されています。

内容は、ちょっと違うものですが・・・

 

 

 

 

そして、以前のブログで書き綴った

結果=【覚悟】×「自己肯定感」÷難易度×回数(行動量)

 

の中の難易度は
あなたが求める結果や目的に比例します。
回数は、その結果を得ているために
あと何回それに対してチャレンジできるか?
ということです。

まあ、結果を出しているまで続けるだけなので
問題ないはずですが、できれば早くしたいですよね?w

 

 

 

Follow me!

コメントを残す