【自然、宇宙は偉大(^-^)】

先日は、家で行っている畑を行ってきました。

今の時期は、様々な苗木を冬の間に作り
その苗木を埋めて芽だしの時期です。

今回は、ジャガイモの畝(ウネ)を作ってきました。
ウネって言われてもピンときませんよね?

以下のような感じです。

すでに昨年のジャガイモは埋めてありこの状態です。

このような状態から

以下の様な状態にしました。

 

あれ?

最初の状態から比べると
何か無くなってませんか?

ジャガイモの芽が無くなってます。

どこにいったのでしょうか?

せっかく、芽出した様態になっていたのに・・・?

取ってしまったのでしょうか?
何をしたのかというと
埋めたのです。

っていても本格的に埋めたわけではなく、軽く土を盛った程度です。

 

何故なら、ジャガイモは上に生える葉っぱを食べるモノではありませんよね?

土の中にあるジャガイモを収穫するのですよね?

その為に、わざわざ葉っぱの部分を土で隠して
その分見えない根っこの部分の成長に充てるために
土をかけて埋めたのです。

 

そうすることにより、
見えている葉っぱの部分に行くモノが、
いわゆる根っこの部分、
見えない部分が発達することで、
栄養がジャガイモの部分に集中することに繋がります。

わざわざ見えている部分へ土をかけることで
葉っぱへの日光を遮り光合成を邪魔することで

ジャガイモの見えない部分の
土のなかの根っこの部分の成長を促す為に
本日の作業はおこなってきました。

普段、スーパーで並べられている野菜たちを見ていると
作る過程は、あまり意識がいきませんよね?
今回はジャガイモの例えでしたが
このような事は、ジャガイモだけでなく
普段目にするモノなどでも同じような事が言えるかと思いませんか?

TVやネット、スポーツの大会などで
輝かしい成績を残している方、
その他の音楽活動など様々なモノに当てはまるかと思いますが
そのスポットライトが、当たる輝かしい部分に至るまでに、
地道な努力を重ねています。
今話題の大谷選手だって
最初は二刀流でプロをやることに
周りは、ノーを言っている解説者の方々がいました。
もちろん、自ら様々な経験をされてのことなので
それぞれに説得力がありますし
尊重するものだと思います。
そんな中、栗山監督は
大谷ならやれると見抜いて二刀流で取ったことは
皆さんもよくご存じだと思います。

もちろん、たぐいまれな本人のセンスもあり
努力の結果
今はメジャーリーグでも
あの元祖、二刀流ベーブルースと並び称される程になっています。

他のプロの選手だって
類まれなセンス、肉体を兼ね備えて
努力もした中での結果なので
本当にすごすぎることです。

でも、目に見える部分にどうしても意識がいってしまいますが
その大谷選手は、高校時代に原田式メソッドに出会い
目標を定めることで目に見えない部分の努力を欠かさなかったコトで
今の結果に繋がっているのだと思います。
同じことをしても
みんながみんな同じ結果にはなりません。

そこには様々な要因が絡んでくるからです。

でも、ジャガイモではありませんが、
どんな人でも、同じように土をかけられて上に行けないときには
下に向かって根をはることはできるはずです。

 

 

そして、人間であれば
それは目に見えない努力だと思います。

スポーツであれば地味な基礎練習の積み重ねであったり

 

 

ネットビジネスなどで、
パソコンに向かうことが多く作業が多くなりがちになり
孤独に作業をされている方々にも同じことが言えると思います。
下に向かって根っこをはっているモノと同様です。

 

 

自然は、宇宙は偉大です。

すべてのモノが調和がとれています。
この世に起こるすべての事柄に当てはまる
引き寄せの法則を超える法則でいう
【極性の法則】にも当てはまっています。
ジャガイモの畝を作りながら
思ったので、ブログに書き綴ってみました。

普段、あまり接することのない畑仕事のことなので
よく知らない方がいて当然ですが
あえてブログに投稿してみました。

ここまでお付き合いいただけた方には、感謝の言葉と
より一層の幸せが訪れることをお祈りしています。

Follow me!

コメントを残す