【「わかる」⇒「できている」への過程はタカラモノ】

みなさん、GWはいかがお過ごしでしたでしょうか?

それぞれにとって良い有意義な時間だったことでしょう(^-^)

じつは、私は体調が良くなかったのですが、このお休みでだいぶ戻りました。

そして、学びへの時間に費やしました。

ゆっくり腰をすえて学びの時間を取るのって、
今の時点では中々しんどいのが現状でした。
言い訳なのはわかっています(笑)

すでに、この先の方向性は、決まっています。

ただ、ここに至るまでの過程で
失ったモノ以上のモノを取り戻すために
更なる小さな打ち出の小づちとのコラボで、
取り戻す過程のスピードを上げていく予定です。

まだ、まだTEFCASの法則を継続して使い

「いっているコトがわかる」の段階から

「実際にできている様になる」

への過程を踏まなければいけません。

これがなんとも言えない過程で、
泥臭い過程です(笑)

でも、この過程を乗り越えれば
間違いなく凄いことになります(^^♪

でも、その段階にまで行っても
満足してはいけないと思います。

 

何故なら、よくテニスの試合では試合中に
少しでも勝てるとか思う瞬間から
負けが始まるのを知っているからです。

いわゆる油断しているってコトのつもりではありませんが
何故かお互いの実力が拮抗している場合では、
それが多いので、
間違いなく「わかる」⇒「できる」になるのですが
その過程を乗り越えても油断をしないように今から気を付けています。

しかし、ここに至る過程で、
「できる」の先の過程のモノも入手することができています。

なので、まずは目の前の
「いっているコトがわかる」の段階から

「実際にできている様になっている」に集中して確実に身に着けます。

暗号通貨も2018年中に大きな規制が入ってしまいそうな感じなので、
そこへも注力したいのですが、
まずは
「いっているコトがわかる」の段階から

「実際にできている様になる」
にフォーカスしていき行動していきます。

そして、未来の自分が振り返って間違いなく
この過程がタカラモノだったと言えるはずなので
その過程でおこるすべてのコトを
基本楽しくプラスの方向で捉えられる様に
様々な角度から見ていければと思っています。

いくらそのプロセスがタカラモノになるってわかっていても
楽しくなければ一番大事な継続ができません。

エニアグラム心理学タイプ7の楽天家タイプの私の場合は

ちなみに
本日の内容は非常に抽象的な表現にあえてしてあるので
意味が不明の文面なのはご了承ください。

いつも、まとまりのない文章だとか
見てないから大丈夫とかの意見は受け付けていませんので(笑)

又、明日からの現実に負けない様に
「いっているコトがわかる」の段階から

「実際にできている様になる」
にフォーカスしていき行動していき
大きく現実を書き換えています(^^♪

Follow me!

コメントを残す