【すべてが繋がりはじめた】

お疲れ様です。

先日感じた何かの話題です。

この何かを学ぶことで、今現在までの学びと
これからの学びの過程において凄い重要なモノになる予感がしています。

ちょっと、私たち地球人である日本人について話をしてみたいと思います。

今現代の科学技術の発展が凄まじいコトは皆さんもお気づきだと思います。

その最先端の科学技術を駆使して様々な事実が明らかになってきています。

みなさん、人類最古の起源だとされている人種って知ってますか?
学校で習ったはずです。

私は、ちょっと記憶が薄くなっていました(笑)

諸説あるかと思いますが、ネアンデルタール人(縄文人)です。

そこに大陸から渡来したといわれる弥生人がきて弥生時代が始まったみたいです。

近年、絶滅したとされていたネアンデルタール人(縄文人)に
もっとも近い遺伝子情報DNAをもっていたのが日本人であると
2016年1月にドイツの研究チームが発表したそうです。

つまり、日本人が世界最古の人類である可能性が高いことを発表したのです。

このコトは、日本の国立科学技術センターでも証明されているそうです。

いままで、人類は南アフリカから生まれたとされる説が一番有名ですから
にわかに信じられませんが、事実のようです。

ダーウィンの進化論では、サルから時間をかけて進化したと呼ばれる説が
一番有名ですが、近年の研究やダーウィン本人が言っていたことの様ですが
サルから人間になるには、無理があるそうです。

たしかに一番近い遺伝子情報をもっているのはサルかもしませんが
それでも、サルから人間に至るまでの過程が説明つかないそうです。

このことについて、ネットでは
アヌンナキという宇宙人飛来説がにわかに囁かれていますが
ここではあえて触れません。


遺伝子情報は現在AからTまで分岐させているそうです。

又、遺伝子情報の話で難しく感じると思いますのが、
世界中で大人気の海賊漫画【ワンピース】で、
言われている【Dの一族】につながっている可能性があるので
面白いですね(^-^)

では、又書き綴りますね(^^♪

Follow me!

コメントを残す