【5656の実と「カタカ(ム)ナ」の超叡智】

今日は、九州の北部の方は命の危険性もあるほどの大雨のようです。
それ以外の地域の方もかなり雨が降っていると思うので
ご注意くださいね(^^)/

今日はワンピースからの
カタ(カ)ムナの話を書き綴ります。

ゴムゴムの実→5656
ワンピースの主人公のルフィの食べた悪魔の実です。

他にも、
麦わらの一味だと
チョッパーのヒトヒトの実→110110
ロビンのハナハナの実→8787
ブルックのヨミヨミの実→4343

などがあり

それ以外でも
イロイロと悪魔の実を表す場合に数字を使っているのは有名ですよね?

 

今勉強中のカタカ(ム)ナは、

超古代から続いている書物であるカタカ(ム)ナ文献から
コトダマ(言霊)のチカラと
カズダマ(数霊)のチカラの
二つで宇宙の真理を紐解いています。
 

 

 

ワンピースのキャラクターはカタカムナの中で使われている
カズタマ(数霊)を使った場合で
表されるコトが知られています。

よく子供のころ友達と遊んだ言葉遊びの感覚です。

 

下の無料画像はカタカナがふってありますが、
発見された当初の文献にはもちろんありませんでした。

 

さらに今の現代では使われない発音のカタカナもあります。

又、らせん状になってるのは何故でしょう?
右まわりと左まわりがある様ですが何故でしょう?

 

 

今の最新の超古代の叡智であるカタカムナの研究では
なんと最新の物理学である量子力学の世界や

先日書き綴った、ハーバード大学の理論物理学教授の
リサ・ランドール博士が言われている
世界が膜でできているという膜理論である「M理論」や

宇宙はヒモからできているという「超ヒモ理論」などもすべて含んだ内容のモノです。

何のことかよくわかりませんよね?
いいんです知らなくて当然です。

自分も言葉しか知らなかったですし
今だって、学んでわかったつもりになってるだけです(;^ω^)

 

 

また、驚くことに現存する日本で最古の文献である「日本書紀」や
日本の創成期を綴ったと言われる「古事記」などにまで言及しています。
あくまで個人的な意見ですが、
作者の尾田栄一郎先生はカタカムナを知っているのかな?
って勝手に推測しています。
カタカナは知っているけど、

カタカ(ム)ナって何だ??って方が多いと思います。

私もつい先日まで知りませんでした。

それでは、又学び書き綴らせて頂きますね(^_-)-☆
ご興味があったらお付き合い頂ければ幸いです(^-^)

Follow me!

コメントを残す