【「手放す」コトで】

昨日の大雨の地域の方は
大変な夜を過ごされたと思います。

まだまだ、降るみたいなので最新の注意で行動なさって下さい<(_ _)>

私は、今日はお休みで気分を変えてスタバで書き綴っています。

いろんなヒトがいますね!

では、今日は全員が感じたことのあるであろう
感情のひとつ「恐怖」や「不安」を手放すコトについて書き綴らせて頂きます。

何か大きな変化を起こすトキや起こしたいトキって
ほぼ間違いなく古いエネルギーや古い怖れを浄化するトキが多いと思います。

古いエネルギーって、普段あまり考えたくないコトで、
無意識に対して自分で封印していたモノやコト、ヒトだと思います。
それはそうですよね?
 

 

 

人間誰だって、それを考えるコトで恐怖や不安を感じるモノであれば
考えたくないと思うのが自然だと思います。

 

 

 

 

 

 

きっと私を含め多くのヒトがこのような怖れを持っているはずです。
 

そして、それを知っていて無意識の中で無視していると思います。
自分を含めて

 

 

 

でも、きっとその恐れや不安は無視すればするほど、
大きくなりあなたや私の中に居座り、癒着していく思考だと思います。

 

 

 

そして、無視すればするほど
その恐怖が脅威になってします。

そう考えると、怖いですね(;^ω^)
 

 

でも、すべてのモノやコト、
ヒトに対して解決策や改善策はあります。
 

 

 

その大きくなって脅威になってしまう前に
感じている「恐怖」「不安」「恐れ」に対して
100パーセントの意識で体全体、ココロで集中して感じてみる
まるであなたの一部になったかの如く受け止めてみてください。 

 

自分も心がけていますが、結構大変です。
できれば、あまり、進んでしたくありません(笑)

 

でも、そうすることで、「恐怖」「恐れ」「不安」は
その場では消えはしませんが
いったんニュートラルなポジションになります。

これは、私がよく書き綴っている
ゼロポイントに戻るってのと近いことです。

いったん、ニュートラルポジションに戻る。
ゼロポジションに戻る。

無視したり、
あきらめたりするのではなく、
観察する。

 

 

 

 

そして、いったん希望や願望を

「手放す」。

 

 

これは、テニスでもおんなじコトが言えるケースがあります。

自分の打ったボールに対して、
つまりテニスラケットのガットからボールが離れた瞬間から何もできません。

手放すのとはちょっと違いますが、
私個人としては「手放す」ことと同じで考えています。

 

 

 

そして自分が撃ったボール、
それがストロークかボレーかスマッシュである
その自分が撃ったボールに対しての準備をするコトしかできませんから
相手が返球するであろうポジションに戻るコトと同じだと解釈しています。
 

基本的にはコートの中央に戻る感覚です。
センターセオリーです。

 

 

 

 

 

日常生活であれば、疲れたり気分が乗らないトキは
いったん休んだりリラックスする時間を創ることと同じだと思います。

 

そうやって、ゼロポジションに戻ってから
あとは自由な発想の意識に切り替えていくコトが大事ではないかな?って
想っています。
 

気分が乗らないトキに無理やり行ったことは
あまりいい結果が伴うコトが少ないと思います。

 

 

誰もが抱えているはずの「恐怖」「不安」「恐れ」に支配されずに
逆にプラスのチカラに変換できるはずの考え方について書き綴ってみました。

 

Follow me!

コメントを残す