【なんで空は青く見えるのか?「成人バージョン」】

連日うだるような暑さですが
体調の方は大丈夫でしょうか?

とくに豪雨災害の被害を被られた
被災地の方々はより大変だと思いますが、
ご自愛下さい。

さて、空がなぜ青いのか?の
成人バージョンの1つ目です。

みなさん、空を見あげることは
その先の真っ暗なはずの宇宙を見ているのと同じはずなのに
なんで青く見えるか?って思いませんでしょうか?

くわしくは、ネットで調べたのですが(;^ω^)
どうやら、空が青く見えるのは
太陽の光に関係があるそうです。
 

 

本当に太陽のひかりって虹といっしょみたいです。

私は、そこまで知らなかったです(;^ω^)
勉強不足ですね。

 

 

 

 

みなさん、知ってましたでしょうか?
 

 

 

 

いっけん太陽のひかりって白に近い色の様にみえますが
虹と同じ7色が混ざり合って白光色(白に近い色)に見えてるようです。
(参考文献:国立科学博物館)

見る場所によって
色が4色だったり5色だったり6色だったりするそうです。
ちなみに日本では7色ですよね?

 

それに関しては、得意の話が迷路に陥っていってしまうので
ここでは記述しません。

何ごとも学習です(^-^)

 

そこにある様々な光は、
波長が短い光だったり
波長が長い光だったりします。

 

 

 

そのなかで人間の目にみえる
光のコトを可視光線といいますが
その中で青色が
一番波長が短い光だそうです。

 

 

このコトが何を表すのかというと
波長が短い光(青色)は、
空気中に含まれる水蒸気やチリ、ゴミなど
たくさんの粒がまっている
空気中とぶつかるコトが一番多いので
 

 

波長は短い光である青色は、
それらの空気中に含まれるモノにあたり屈折をして
四方八方に光が拡散されます。
 

 

 

 

波長が短い青色がいちばん散乱、屈折を起こしやすく
空いっぱいに広がりやすいので空が青く見えるようです。
 

 

 

 

 

このコトは、光も波長なので
引き寄せの法則でいわれている
波動などの話にもつながると思いました。
 

 

 

 

 

では、次回は
夕焼けバージョンについて書き綴りますね(^-^)

 

 

 

何かのお役に立ててたら、光栄です(^^♪
では、失礼致します<(_ _)>

Follow me!

コメントを残す