【「子供たち」が「潜在意識=無意識」の使い方の師匠】

みなさん、8月になり酷暑がふたたびきております。
ご自愛下さいね(^-^)
 

私が、なんでほぼ毎日ブログなどを書き続けているの?って
疑問に思われた方もいると思います。

酷暑の中(笑)

意味あるの?って

ご興味のある方は、コメント欄にてお待ちしておりますね(^-^)

わたしは、ブログを書き綴る習慣ができたことで
非常に自分自身が、成長、進化しているのを実感しております。

 

なので、あまり皆さんが興味のないであろうコト?
毎日、新しい情報を得た際に、
備忘録と誰かの為になればと思い書き綴らせて頂いております。

正直、ブログ投稿で集客などをする手段や方法は数多くあります。

しかし、このブログでは、
そのトキ、そのトキに私が学んだコトをアウトプットしておりますので、
ある意味、自己満足かもしれません(笑)

でも、どうせ学んだコトであれば、
誰かのチカラや気づきになればいいと思っているので、
モノゴトの達成、理想の未来からのお導きで
継続できています。

お忙しい中、有限である時間という
資産を使って頂きお立ち寄り頂き、
何らかのアクションを頂けている方々には
感謝しかありません。

ありがとうございます<(_ _)>

【「子供たち」が「潜在意識=無意識」の使い方の師匠】については、
みさなさんも納得されていると思います。

なぜなら、子供は基本、純粋だからです。

何もない状態であるから
モノゴトのいいも悪いも基本判断がつかないので、
それを素直に吸収します。

そして、素直に実行します。

小学校にいく
5~6歳くらいまではだともいますが、
幼稚園とかも同じかもしれません。

すみません。

現在の時間ポートフォリオの関係上
考えがまとまっていないので
この続きは又、次回以降に書き綴りますね!

Follow me!

コメントを残す