【結果を出しているヒトの「3つの無意識の周波数パターン」】

昨日は秋のお彼岸というコトで、
祖母が亡くなって、まだ久しいので
家族そろってお墓参りにいってきました。

毎日、自宅の仏壇へはお参り?!しています。

昨日は、お墓まいりが渋滞で
かなりの方がお参りにきていました。

それでは、前回の「4パーセントの世界」のつづきで
結果を出す人の思考法について
3つのパターンで書き綴ってみましたので
ご興味のある方はコメント欄にお越し頂ければ幸いです(^-^)

前回、宇宙一小さな単位である量子力学の最新研究の結果
見えている部分、物質が4パーセントだと書き綴りました。

ジュエリーのブランドの”4°C”と同じ4です。

意味は氷が張った水面の底を意味し、
唯一魚が生息できる安息の場所であり
厳しい環境の中の潤いでもあるからしいです。

何か関係性を感じませんか?
私だけでしょうか(笑)

残りの約96~90パーセントは、
光が反射しないので、
人間の目には認識できないだけであると
書き綴りました。

こう書き綴ると、そんな訳ないって
言われる方いらしゃるはずですし
私も見えないので不思議に思いますが
事実の様です。

そして、怪しいと(;^ω^)

見えないのですから、そう思うのが自然だと思います。

そんな怪しい話なので、無理せずスルーしてくださいませ。
又、そんな話もあるんだ~程度で構いません。

結果を出しているヒトと
そうでない人との違いは
そんな、目に見えない約95パーセントの部分にあるそうです。

潜在意識、無意識の部分での行動って
覚えていない方が大半だと思います。

無意識なので当たり前ですね(;^ω^)

でも、そんな無意識の部分での行動が
結果を出しているヒトとそうでない人で
大きな違いを生み出しているのです。

それが大きく分けて3つのパターンになります。

①シコウ(思考)のパターン

②コトバ(言葉)のパターン

③コウドウ(行動)のパターン

の上記3つの潜在意識、無意識でのパターンです。

ちなみに、カタカナを振っているのは
超古代からの叡智であるカタカムナを意識してのモノですが
又、おってカタカムナについては
私なりの現時点での解釈は書き綴ります。

話を戻すと上記
無意識下での3つのパターン
①シコウ、②コトバ、③コウドウの
方向性、ベクトルが

それぞれバラバラであると
結果につながりにくくなります

つまり、結果が出るヒトとそうでない人との違いは
無意識での3つのパターンであるのです。

納得できましたでしょうか?
腑に落ちましたでしょうか?

そして、
この無意識での3つのパターンが
そろっているコトで
より望む結果、目的への
最短距離を行けるのです。

つまり、時間と次元、空間を超越した
ワープ体験ができるというコトになります。

信じられないって方もいらしゃると思いますが
大事なのはあなたが宇宙のチカラである
潜在意識さんを疑っている場合は、
その圧倒的な力を使ってくれないという
おまけつきなので、
ご容赦くださいませ<(_ _)>

あと、大事なのは、
それを強く信じていても
それに付随する
マイナスの感情を
手放さなければいけない点もお忘れなく

つまり、望む結果のイメージだけをするコトです。

そして、ここで波動の法則につながりますが
最新の量子力学では、
①思考②言葉③行動もエネルギーなので
すべて周波数からできているとの事です。

思考が?言葉が?行動が?
周波数???

つまり、最新の量子力学では
すべては振動している波の様なモノだというのです。

このコトは、最新の量子力学では
ヒモが振動している様なモノで
ヒモ理論と呼ばれていたりします。

非常に簡単にとらえると
思考は、脳の中での電気信号の波の周波数。
言葉は、空気を震わす音の振動の周波数。
行動は、それ自体が肉体を使ってのエネルギーの周波数。

と私なりの解釈をしております。

人間に見えない、認識できないモノでは
超音波とかがあるかと思います。

超音波とか、わかる人いたらすごいです。
コウモリやクジラなんかは
超音波を聞き分けているみたいな
話を昔聞いた記憶があります。

間違っていたらごめんなさい<(_ _)>

では、おなか一杯なので
この続きは又次回以降に書き綴らせて頂きますね(^-^)

それでは、失礼いたします<(_ _)>

Follow me!

コメントを残す