【「自己を知る者こそ賢い」英国の詩人G・チョーサーの処世訓】

みなさん、本日は先日書き綴った
孫子の兵法の
【相手を知り、
己を知れば百戦して危うからず】の私なりの考察の続編です。

自分のコトはすべて理解しているから大丈夫と言われる方は
素晴らしいですし、かけがえのない貴重な時間です。
それぞれの大切なコトにお使いくださいませ<(_ _)>

目標を達成されている方も
その過程にいらっしゃる方も
私はすべては過程だと思っています。
そして、すべてはあなたにとって
必ず最善であり最適なタイミングで
それは訪れますので、準備を怠らないでいて下さいね(^^♪

それでは、ご興味のある方はコメント欄にてお待ちしておりますね(^-^)

結局、すべてはあなたが今までに描いた、
望んだモノやヒト達しかいないはずです。
これは考えてみると事実だと思います。
だって、あなたが一度も考えたコトの
無い現実をイマ生きていますでしょうか?

 

それが、いいモノやヒトであろうとなかろうと
又、それがあなたに
とって望ましい環境で在ろうとなかろうと

あなたの日常での思考である「顕在意識」船長
無意識であなたの人生と肉体を形創っている
圧倒的力を持つ「潜在意識」に対して指示して
現実という名のスクリーンに投影しているだけです。
そして、現実は様々な人たちの意識の集合体です。
それは、現世で生きている人間たちや
現世を創って頂いた
過去の偉人の方々たちや
先輩の方々の意識も残留思念として少なからず
その空間に存在します。
今の現世を形創って頂いた
先輩の方々への尊敬と感謝の念をもって
今、私たちが生きていられる事に
対して感謝しかありませんね!

そして、相手を知り、己を知れば百戦して危うからずの

己を知るというコトは
自己を知る者こそ賢い、という意味もあるそうです。
これは、英国の詩人G・チョーサーの処世訓だそうです。
なかなかわかっている様でいて
状況や立場が変わると違った自分の一面が垣間見れて
わからなくなるのが人間の一面だと思います。
だからこそ、
自分を知っているヒトが賢いというのでしょうね!

 

こういった場合の自分はこうなるコトが多いとか
知っていればある程度は対処できるし
そうならない為に準備もできるコトが多いと思います。

ちなみに私はエニアグラム心理学では、基本がタイプ7とのコトです。
ティグラム診断では、その時々で違ってきますが
基本、台形型の波形が多いです。

 

そして、過去に書き綴らせて頂いた
この世は超リアルな肉体を使った
「人間ゲーム」でも書き綴った内容ですが、

仮に人生は超リアルな人間ゲームだと
ここでは仮定して話を進めます。

あくまで、
肉体と時間を使った超リアルな人間ゲームです。

ゲームだと考えればある
意味楽に考えなれる方もいるかも知れません。
ただ、ゲームと違ってリセットはできないですし
死んだら基本的に生きては戻れ無いことが多いです。

 

私の場合は、超特例が発動して生きていましたが
一歩間違えたらこの世にはいませんでいたし
肉体を使った超リアル人間ゲームでのゲームオーバーになっていました。
何よりテレビゲームと違って
肉体を使った超リアルなゲームなので、
痛くて辛いです(笑)

なので、あまり体験するものではありませんし
他の方は体験しない方がいいです。

もしやるのであれば、
VR(バーチャルリアリティー)で行った方がいいです。

他にも、世界を見れ数多くの臨死体験された方がいますし
その著書もでています。

 

超リアル人間ゲームを攻略する秘訣は
又、次回以降に書き綴らせて頂きますので、
お楽しみにしていて下さると幸いです(^^♪

 

Follow me!

コメントを残す