【無意識を利用した「ゴール設定」】

お疲れ様です。
今日も一日最高の自分でいられましたでしょうか?
そうであることを、祈っております。
私は、本日はお休みを頂き検査をしてきたので疲れました(;^ω^)


 

みなさんは、普段、目標とかゴールってもっていますでしょうか?
お正月にする書初めなんかに書かれた方もいらっしゃるかと思います。
本日は、そのゴール設定がどうして意味があるのかを学ばせて頂き自分の中で腑に落ちているので稚拙な文章ですが共有させて頂ければと思いブログに書き綴ることで自分への学びへと転化しています。


ちなみに、私がゴール設定やセルフコーチングなどを個人的に学ばせて頂いているのは、日本の金融庁や各国の国家レベルでの相談を受けられていて世界の教育システムを作る際にご尽力された権威である苫米地英人博士です。
量子力学の視点からは現在、東大卒で空手をされていらっしゃる
村松大輔先生 です。ご自身で一般社団法人「開華GPE」という寺子屋を開催されていて量子力学的な視点から誰にでもわかりやすくYouTubeやブログなどでご紹介されています。



その先生の方々からの学びを得て
自分の学びの意味も含めて稚拙ですが自分なりに書き綴ってみました。

本日は、以前書き綴らせて頂いたゴール設定する意味や効能・効果を
無意識で人間は見たいモノしか見ていないという「ストコーマ」を使って書き綴っていきます。

ちなみに、長文になってしまっていますので、お時間の許す方だけお読み頂ければ嬉しい限りです。もっと、見に来て下さる方の大切なお時間を奪っていまうので要約して書けよっていわれるかと思いますが、ご理解ご了承下さいませ<(_ _)> 



簡単に「ストコーマ」の復習ですが、人間は基本無意識でそのトキに自分が関心のあるコトやヒトしか見ていないって解釈を私はしています。
なんでかは、話が脱線するのでここでは省略させて頂きます。



その無意識の世界で、見たいモノや関心のあるモノしか実は人間は見ていないし聞いていないって言われて、どこか思いあたるコトはありませんでしょうか?
私は、ありましたので無意識で誰もが行っているストコーマが腑に落ちています。
ストコーマを知り日常生活をしていくコトで自分を含めまわりの無意識でのストコーマを実感しています。



例として、子供が生まれたばかりの夫婦には、赤ちゃんが目に入ってくることが多いと思いますし、赤ちゃん関連のモノやコトが目に入ってきたり耳から入ってきたりすることが多いと思います。


他にも例を挙げれば色々とあるかと思いますが、簡単にいうとそのトキに関心のあるコトやモノ、ヒトが見えてきたり、聞こえてきたり、集まってくるという話です。同じことは、意識した色のバスが何故か見えてくるカラーバス効果にも言えるかと思います。



そのストコーマの無意識のチカラを効果的に使うのが、
「ゴール設定」です。



「ゴール設定」することで、
ストコーマの無意識の原則が適用されて
初めて見えてくる聴こえてくる情報が違ってきます。



つまり、それが無意識を利用した「ゴール設定」です。


しかし、無意識のチカラを使うので、最大の注意点があります。
無意識だからこそ、そのチカラを最大限に使わなければもったいないですし
逆に、人生最大のリスクにもなるモノだと感じております。

その無意識のチカラを使うには大前提として無意識でのフィルターのひとつであるストコーマを知ることで、無意識のチカラを使うことができるかと思います。
 

無意識のチカラって、いわゆる人生の約90パーセントを創っていると呼ばれている「潜在意識」のコトです。
だからこそ、意識してうまく使っていかないともったいないですし、
逆に最大のリスクになってしまうものだと思いました。
 


よく、世にいう成功者の方々は、総じてなるべく望むモノをみて行動しましょうってお話されることが多いと思います。
日常生活の中で、様々なそうでない事態や現実が多いことは私もよくわかります。
 

そういった、場合の対処はモノゴトの観方のフレームを変える「リフレーミング」という方法で一見マイナスのコトでも、プラスかZEROへ変更することができます。
又、異なる視点で捉えていくことで、すべては神様からのメッセージだと思って観るって観方もあります。



私は、生きていく中で起こるコトは、すべて意味があると思っているのでそう思います。

そんなコトもありますが、無意識のチカラ「ストコーマ」を使った一番のゴール設定の最大の注意点は、あくまでゴール設定は、現状の枠組みの外側に設定するコトです。

ここが、一番腑に落ちない方が多いと思います。

特に女性の方は多いはずです。その理由はまたの機会にしますね!
   


なぜならどうやってゴール達成していいかわからないからです。
これをするコトで現実的ではないので意味がないと思われると思いますし
わからないコトは基本リスクを背負います。
私も夢のようなことばかり言っていてはいけないと思いますし
目の前の現実問題は解決していかなければいけないと思います。

 


そこで、私なりの解決策として、
ゴール設定は現実の外のゴール設定のモノと
現実的なゴール設定の2つ以上の設定をしていくコトで
それが解決すると解釈して行動をしています。





話を元にもどします。現状の延長線上にゴールを設定するのと、現状(コンフォートゾーン)に設定する最大の違いは、その目の前の現状が続くことがいい場合は、できるだけその現状の少しいい現状をゴール設定していくコト。


現状のままではなく、よりよい違った未来を希望のヒトは、現状(今までの)枠の外側に設定することです。


そうして設定したゴール設定で、無意識のフィルターである「ストコーマ」のチカラで見えてくる、聞こえてくる、集まってくる情報がそれまでと間違いなく違ってきます。
このコトは、私が実践していて身をもって体感しています。


ゴール設定をすることだけで、見えてくる、聴こえてくるモノ、コトが違ってくるので、自然とその先の未来が変わっていくコトは、ご理解頂けると思います。
 

苫米地博士の話では、アメリカでは退役軍人の方の調査をしてみた所
ゴールや目標がない方の平均寿命はなんと1年6か月しかなかったそうです。
日本でも、それまで企業戦士としてご活躍されていた方が退職されて家で時間を持て余してしまっている方も多くいらっしゃるとの話も聞きましたが、同じコトだと思います。



いきなり、現状の外側にゴール設定してみますって言っても中々出来る方は少ないのではと思いますが、まずは小さな達成可能なゴール設定をしてみることからでも大切なセルフイメージを創る上においていいのではないかと思いました。

そして、少しずつでもゴール設定を今までの常識の枠の外側にひとつ設定していくコトで、見えてくる、聞こえてくるモノ・コト・ヒトが無意識で変わっているので、その先の未来も自然と変わっているはずです。



次回は、量子力学からの学びの視点で書き綴らせて頂きますね(^^♪
誰かのチカラになれているコトを祈り、自分の学びもかねて書き綴らせて頂きましたので、シェアさせて頂きますね(^-^)


いつも、見てくださり感謝しております。
ありがとうございます<(_ _)>


 

 
 

Follow me!

コメントを残す