【「アラヤシキ」「無意識のセカイ」が生み出している世界】


先日は、畑仕事からのテニス。
できはしましたが、ここ最近の運動不足がたたりテニスではこんなの自分じゃねー(;^ω^)どんまいな感覚でした(笑)
だいぶ暖かくなってきたので、10分間の星空ランニングの再開を検討しています。
何をするにも、この世界にいる間はカラダを通じてしか成長、体感、経験できません。



最近の投稿は自分でも自覚していますが、かなり深い世界のコトを書き綴っていると思いますので、スルーされる方が多いと思います。


思い込みです(笑)
でも、思い込みって=パターン化した 固定観念、だとある意味思っています。

つまり、うまくいっているのであれば、
パターン化して少しづつそのパターンを時代の変化にあわせて変えていくことで、時代の大きな波を乗りこなすコトにつながると考えています。


その逆であれば、今までの逆の思考でモノゴトを思考して行動していくコトがいいと思います。何をするにも、まずは人間の思考や想いが先に存在しますから世にいう成功者の先輩方は総じてマインドの重要性を説かれているのでしょう。


自分でも、学ばせて頂いていく中で知らない世界のコトに触れるので非常に面白いです。FXなども、結局は裏側の人間の心理のコト、つまりヒトの集合意識を学ばせて頂きその中でポジションを持ち利益確定していくモノです。
ヒトの意識自体も見えないモノですが、見えない世界である人の意識、潜在意識の一番深い部分のコトを言っている阿頼耶識に関しても、見えないのだから証明できません。


わからないからこそ面白いです。無限の可能性があります。
だからこそ、少しでもわかるように学び続けるしかないと思っています。
でも、まさか自分が仏教の勉強までするとは思っていませんでしたΣ(・□・;)


すべての始まりは量子力学の学びから始まりました。
でも、昨日本屋さんにいって量子力学の本見てみたら数式が書いてあってあまりわかりませんでした(笑)


でも、村松大輔先生の著書「自分発振」で願いを叶える方法をご覧になってみてくださいませ。
非常にわかりやすく解説されています。



あまり難しいコトはわからなくても、なぜか量子力学に関して
自分なりですが、意味は理解しているつもりです。
これも思い込みですが、それでいいんだと思っています。
学校の試験があれば、きっと駄目でしょうが(笑)



それでは、長くなってしまって恐縮ですが、この続きはコメント欄にお越し下さったご縁のある方との秘密です。


ここから、アラヤシキの話のつづきです。


アラヤ(阿頼耶)は蔵を意味する言葉で、シキ(識)はココロを示しています。
似たような言葉で、ヒマラヤがあります。


突然ですが、「ヒマラヤ」ってサンスクリット語を音で表すと「himālaya」って書きます。
(サンスクリット語についてはまた機会を別に設けて語るつもりです。)
これを分解するとhima(ヒマ「雪」)+ ālaya(ア-ラヤ「すみか、蔵」)となり「雪のすみか、蔵」という意味です。



アラヤシキ(阿頼耶識)は、大乗仏教(日本に仏教として伝えられているモノ)では、過去、現在、未来に流れ続ける永遠の生命(かっこいいです)の源泉と言われています。

又、意味合いは輪廻転生があることを説く仏教では、過去における様々な事柄が今である現在に影響を及ぼしているとされています。

過去は、今の人生だけでなく、その前の命での事柄のコトです。
この話は、「業力」といいますが、又後ほど書きつづらせて頂きますので、このあたりの話はスルーしてくださいね!





人間の深層心理の一番深い部分である阿頼耶識は、超意識と呼び神の意識のコトを指します。神の意識とは、宇宙の万物を作った創造主で偉大なエネルギーの意識のコトを言います。


よく世界の最新の研究では、すべてはエネルギーからできていると量子力学の世界では言われています。そして、すべては振動していると。
世界最先端の理論物理学では。そのことを「ひも理論」として研究が進んでいます。
このことを言い出すと話が脱線して戻ってこれなくなるので、ここでは割愛しますね!



でもどうやら、調べる限りでは、神は自分の姿に似せて人間を創造したようで、人間は神の一部であり、超意識(神の意識)をもった分身だと仏教では説かれているそうです。


ドラゴンボールでも、地球の神様はナメック星人のピッコロですし(笑)
関係ないですかね(;^ω^)


このコトを言われているのか定かではありませんが、日本一の実業家である斎藤一人先生は、「わけみだま」と言われているかと思います。


そして、この超意識、阿頼耶識につながることで、テニスの王子様でいう最強の状態のひとつである常人では入ることのできない境地である【無我の境地】につながることになります。


簡単にいえば、好きなモノやコトに対して無我夢中の状態だと解釈しています。


私的は、結局のところ
「無我の境地」も
「アラヤシキ(阿頼耶識)」も「サムシンググレート」も「神の意識」「ゴットエナジー」も無我夢中で好きなコトをしているトキに生じる状態であり、生きている人間が認識できる様なモノではないと解釈しています。


又、今勉強させて頂いております東大卒で「開華」を経営されていらっしゃる村松大輔先生の説かれている、すべての根源である「ゼロポイントフィールド」も

HAPPYちゃんが言っている、ゼロポイントに戻るって事も同じような意味あいだと解釈しています。


なにか、話がややこしくなってきたので、情報整理も兼ねて
取り急ぎここまでになります。又、次回以降に書きつづりますね!













Follow me!

コメントを残す