【日本協同次世代移動サービス】

こんばんは!


皆さん、移動がより安全にスムースになるサービスが展開しそうです。
先日、トヨタ、ソフトバンクが提携してトヨタの コネクテッドカーの情報基盤を利用するためにIoTの分野で共同出資会社、モネ・テクノロジーズを作りました。


そこにさらに日本のホンダ、日野自動車が
資本、提携を組んだと昨日、日経新聞で発表がありました。


これは、乗用車だけでなくトラックなどの大型車両などのデータも入ってくるということになり、情報量がより増えることで、さらにサービスの向上が見込まれると思います。


さらに、 モネ・テクノロジーズは、業界分け隔てなく連携をして提携をすすめていき、移動サービス、環境整備の整備を進めていくとの事です。

また、将来の5Gを使った様々なサービスにつなげていくこととなると個人的には思っています。


特に、5Gの通信技術を使うことにより、世界に先駆けて少子高齢化の進む日本が問題を解決につなげるコトができてくれば、その問題解決の手段を世界に発信していくことができると思いますし、それが新しい日本のビジネスモデルになっていくことを期待しています。


次世代通信規格である5Gは通信できるデータ量が現在をはるかにしのぐので、純粋に通信だけでない分野にまでその効果が波及します。
この点については追って追及していきます。


未来のコトを考えると暗くなってしまうこともあるかと思いますが、それを解決した先を創造、想像することでマイナスをプラスに昇華・変換していくことができると個人的には考えています。


まだ、未来の技術なので普及までにはコストと時間がかかりますが、何事も始めるコトで改善していきローコスト化につながるのでいいことだと私は思います。


すべてはよいコトの為にある。
いつもありがとうございます。

Follow me!

コメントを残す